A氏による小説

機兵戦記カイスレード 第一章 目覚め

機兵戦記カイスレード 第二章 冷たい運命(さだめ)

孤島神界 序章

孤島神国 海神の章 一幕 新世界へ

孤島神国 海神の章 第二幕 君がパイロット

孤島神国 大地の章 一幕 接触機装甲兵

孤島神国 大地の章 二幕 親衛隊イバル

※皆さん既にご存知のことと思うが、 何を隠そうAくんはわたしこと筆者Oの実の弟である。
彼とメールのやり取りをしていた際、メールに添付して上の小説を送ってくれたのだ。
「孤島神国」には全部で3つの章があり、さらにそれが3幕に分かれている9部構成だとか、 色々な設定談もメールで聞かせてくれた。
「カイスレード」のほうも同様である。
彼は「カイスレード」を何度も手直ししている。愛着が深いのだろう。
当然わたしは、彼が続きもすぐに送ってくるのだと思っていた。
しかし夏の帰省の際に尋ねたところ、休筆中だというようなことを言っていた。
来年の受験に向けて、苦悩の中にいるAくんを見ていて、 無理に続きを強制しようという気には到底なれなかった。
皆は知らないがAくんは心底いい奴なのだ。
何気なしに色々してくれたり、言ってくれたりする。
彼の一言にはいつもはっとさせられ、自分のことを思ってくれているものがいることを確認する。

※彼は試験に合格したので、また書いてくれるんじゃないかな…と思う。(05.10.23.)

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー